石原・山口計画研究所

住宅、集合住宅、ビル、商業施設リフォームは東京都渋谷区の一級建築事務所「石原・山口計画研究所」

WORKS 作品

吉祥寺プロジェクト


2008年11月01日 完成

吉祥寺プロジェクトは3階のテナント「KINGDOM」のオープンが11月21日、これで全て完成です。竣工写真が届きました。写真家は金子滋氏、丁寧に電線類や人影を消してあります。何となく3D画像のようにも見えます。
3階のテナント「KINGDOM」

3階のテナント「KINGDOM」

1階エントランスホールの様子

1階エントランスホールの様子


納まりに苦労した階段室の様子

納まりに苦労した階段室の様子

エレベータや階段を下りると広いホール

エレベータや階段を下りると広いホール


北東(大正通側)から見た全景

北東(大正通側)から見た全景

ここの前は吉祥寺で最も賑わう一帯です。そしてもう一つの立地上の大きなポイントがあります。アパレルや物販店舗は北側採光がとても良いのです。展示商品が日焼けせず、いつまでもショーウィンドが活きます。そういう意味でも計画地は北と東に向いていて、抜群のロケーションなのです。


2008年10月04日 LACOSTE 準備万全

吉祥寺エルビル
吉祥寺エルビル(吉祥寺プロジェクト)はテナント工事が着々と進んでいます。BFが老舗の眼鏡店「白山眼鏡店」、1−2FはワニのマークでおなじみLACOSTEさんです。今日は骨組みの設計をした階段もできたという報告だったので、内装工事の様子を見に行ってきました。

内装
階段

内装のカラーはピュアホワイトとグリーン。ラコステカラーともいえる世界戦略色です。
階段のフィニッシュはステンレス。
什器にもかなり気を遣ったデザインが溢れています。上品で明るいインテリアになりました。



2008年09月17日 学生の見学会

今回の吉祥寺プロジェクトでは、立命館大学の建築科及川先生とコラボレーションしています。計画当初より及川研の大学院生に参加してもらい、建築の提案や、模型やCGを制作してもらっていました。計画図だけでなく、是非現場も見学したいと強い希望が出ていて、7月にやっと実現。マスターの2年生3名、1年生3名、学部の4回生2名の8名がやってきました。

午後現場へ到着
午後現場へ到着、現場事務所で実施設計図の解説を受け、鉄骨の制作図、地下のコンクリート打ち、カーテンウォールをはじめ各種制作図などの解説を受け、上の写真のようにまず屋上へあがり、防水下地の様子から見学が始まりました。約二時間現場を見て回り活発な質疑応答も....やはり見ると聞くとは大違い、もの(建築)がどうやって出来てくるのか、現場経験が全くない学生にとってはビックリすることばかりな様でした。
熱心に当社の担当と東急建設の所長から研修を受ける立命館の学生達
熱心に当社の担当と東急建設の所長から研修を受ける立命館の学生達。右端が及川教授。


2008年08月21日 A工事 ほぼ完了

吉祥寺プロジェクトはA工事(建築主体工事)がほぼ完了
吉祥寺プロジェクトはA工事(建築主体工事)がほぼ完了してきました。このあとC工事(テナント内装工事)がはじまり、10月の初旬にグランドオープンします。ガラスカーテンウォールの表現、アットランダムな竪リブ、ガラスの濃淡などが外観の特徴です。アパレルメーカーが1-3階を、地下には老舗の眼鏡店が入ります。


2008年05月26日 いよいよ建て方です

いよいよ建て方
吉祥寺のエルビルは1月25日に地鎮祭、地盤が大変良いため杭はなく山留めのあとは地下の工事が続いていました。5月に入り1階の床まで打設がすみ、いよいよ地上に上がってきました。今日から鉄骨の建て方が始まりました。快晴、工場で組み立てていた柱や梁が、クレーン車のアーム(22mと長い!)で運ばれていきます。


2008年03月21日 繁華街での難工事

吉祥寺エルビルは吉祥寺の繁華街、東急百貨店の裏が建築現場です。地下1階・地上3階のコンパクトなテナントビルですが、工事には人一倍気を使ってもらっています。この写真では地下に設けられた矢板や鉄骨製の切梁がみえます。更に切梁の上に鉄骨を組み鋼台を置き、ポンプ車やレッカーを乗り入れます。この方式ですと道路に突出することなく(歩行者などに迷惑をかけずに)作業ができます。前面道路の一つ、大正通りは、ウィークデイが7:00〜9:00と16:00〜18:00、日曜・祝日は終日歩行者専用道路です。平日朝は成蹊学園への通学でごったがえし、日中は買い物客でいっぱいです。土日の混雑は、とても工事どころではありません。

建築現場

工事は東急建設に御願いしています。現場所長は渋谷でも難工事の代表とされる「井の頭線渋谷駅ビル」(エクセル東急)を担当した当時のK工事課長が所長です。電車を動かしたまま(井の頭線と地下鉄銀座線)、その上にホテル棟・事務所棟を作った再開発ビルです。
エルビル、この規模では考えられないような様々な安全上の配慮がなされています。K所長の経験から培われた技術が非常に高いレベルで発揮されています。



2008年02月07日 地鎮祭

確認申請済みがおり、いよいよ吉祥寺プロジェクトが始まりました。鉄筋コンクリート地下1階鉄骨造地上3階、アパレル系のテナントビルになる予定です。
1月25日吉祥寺プロジェクトの地鎮祭が執り行われました。吉祥寺東急百貨店の裏にあたり、買い物客で一年中賑わっているところ、工事中の安全には十二分の配慮が必要です。

竣工予定2008年8月31日 担当:石原・八木 施工:東急建設



2007年09月17日 解体が始まりました

いよいよ解体です
いよいよ解体です
いよいよ解体です。
テナントのT-shirts屋さんが予定通り退出し、いよいよ吉祥寺プロジェクトは既存の解体工事が始まりました。
確認申請期間が法律改正で大幅に伸び、12月までかかる予定です。
年末や年始の賑やかさが一段落した、年明け1月中旬着工予定です。


2007年03月15日 吉祥寺プロジェクト

若い人に大変人気のある街、吉祥寺
下北沢と自由ヶ丘、それに吉祥寺は、若い人に大変人気のある街です。そのなかでも、ここのところ不動の「住みたい町No1」が吉祥寺です。恩賜公園としては最も古い「井の頭公園」も駅からすぐ、武蔵野の自然が多く残っている町でもあります。
吉祥寺の街としての発展の仕方は独特です。特に北口は中央に大きな寺(四軒寺)がいくつもあり、そのため車が街中に入ってこれない。この結果、逆に広い歩行者空間が残され、行政も商店会もこれを維持しています。
戦後から変わらない「ハモニカ横町」と呼ばれる闇市の跡も、シャッターを降ろしたままの店を一掃し、元気に商売を続けています。全体として門前町のイメージが色濃く残って、古さと新しさの折り合いがほどよく調和しています。
吉祥寺の商業街区は東急デパートを中心にして、次第に西に移ってます。その東急の裏で、今年9月からスタートするプロジェクトの敷地がこの写真です。正面に見える電柱の向こう側の用地です。GAP、ZARA、shipsなどが並ぶオシャレな一角です。

お問い合わせ
アクセス
地図はこちら

ページの先頭へ戻る

株式会社 石原・山口計画研究所
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷2-10-6  山田青山ビル501  03-3409-0834,0835  03-5466-7410

COPYRIGHT © ISHIHARA,YAMAGUCHI&ASSOCIATES CORPOTATION ALL RIGHTS RESERVED.