Topics

2021.12.3

丘の上のコートハウス_Part3

丘の上のコートハウス_Part3

クリスマスソングが街に流れる季節になりました。
都内でも例年名所となる二子玉川ライズのクリスマスツリーを眺めながら、世田谷のコートハウスの現場確認も佳境に入りました。
(弊社ホームページTOPICS/2020年8月4日、同年11月5日に経過を掲載)
正面ファサードは施主の切望する石造アーチ。
まだ上部にはめ込む鉄格子などは取り付けられていませんが、完成の様相に近づいてきました。
中国産御影石 芭蕉イエローが上品で重厚な雰囲気を醸し出しています。
搬入したばかりの庭の紅葉も綺麗に色づいていて、来年の秋の景色が楽しみになりました。


「アーチ」はWikipediaにも詳細は掲載されていますが、古代ローマ人が地上建造物として確立し、西洋建築に広まりました。高度な力学で成立しています。
分かりやすい例としてはイタリア ローマのコンスタンティヌスの凱旋門、フランス パリのエトワール凱旋門、ヨーロッパの大聖堂などに見ることができます。
サグラダファミリアの建築家として有名なスペインのアントニ・ガウディは、アーチを天地逆転したカテナリーアーチを多用しました。


二子玉川ライズのクリスマスツリー2021年はエリック・カールの名作絵本「はらぺこあおむし」の世界がテーマとなっています。
ツリーの他にイルミネーションスペースやスケートリンクも特設仕様です。
詳細はネットにて検索してみてください。年齢を問わず楽しめそうですよ!

 
閉じる